column コラム

RPAツールでCADの操作を自動化する方法は?注意点も解説

近年、大企業を中心に導入が進められているRPAは、CADを使った設計業務の効率化にも役立つツールとして注目を集めています。
しかし、高度な操作の多いCADをRPA化するには、いくつかの注意点があるのも事実です。

この記事では、RPAツールでCADの操作を自動化する方法や注意点についてご紹介します。合わせて、CADの自動化に適したRPAツールについてもご紹介していますので合わせてご参照ください。

 1.RPAツールで自動化できるCADの操作

1.RPAツールで自動化できるCADの操作

RPAとは「Robotic Process Automation」の略称で、パソコン上で行うルールや手順の決まった定型業務を自動化できるツールです。
RPAツールを活用すれば、CADを使った設計業務においても効率化を図れます。

ここでは、RPAツールで自動化できるCADの操作の一例をご紹介します。

こちらもCHECK

 1-1.データの入力や出力などの定型作業

RPAツールを用いれば、CADで取り扱うデータの入出力作業を自動化できます。
「Excelなどに用意された図面や3Dモデルに必要な寸法などデータをCADに入力」「仕上がった図面・モデルを出力」といった一連の作業も、RPA化によりCADを自動的に操作できます。

CADを自動化するにはテンプレート通りのデータを用意しておく必要はあるものの、人間の判断がいらない作業であれば、一度設定するだけで効率化が可能です。

 1-2.繰り返しの多い作業

RPAを使えば、CADを使った繰り返し作業の効率化も図れます。
特定のデータから図面を作成する作業を繰り返す場合でも、RPAなら疲れ知らずのため効率を落とさずに実行し続けられます。

また、RPAはパソコン上で動作するソフトであればほとんどのシステムに対応可能なのもポイントです。
人の手でCADを操作する場合でも、事前のデータ整理といった繰り返し作業をRPAに任せれば、人間はコア業務に集中できます。

こちらもCHECK

 2.RPAツールでCAD操作を自動化するメリット

2.RPAツールでCAD操作を自動化するメリット

RPAツールでCADを使った業務を自動化すると、業務効率化を始めとしたさまざまなメリットが得られます。

ここでは、RPAツールでCAD操作を自動化するメリットについて一例をご紹介します。

 2-1.作業時間の短縮

RPAツールでCADを自動操作する最大のメリットが、作業時間の短縮に伴う業務効率化があげられます。

RPAは、ルールが決められた手順なら高速に作業できます。
人間が行うと時間がかかってしまうCADへのデータ入力作業も、業務プロセスさえ決まっていればRPAは素早く作業を完了できる点がメリットです。

定型業務をRPAに任せれば人間はよりクリエイティブな業務に時間を割けるため、全体的な効率の向上効果が期待できるほか、人件費の削減などにも繋がるメリットがあります。

ココがポイント


RPAの導入は業務効率化に大きく役立つ

 2-2.人的なエラーの防止

RPAは正しく設定できれば、ヒューマンエラーの防止にも役立つツールです。

どれだけ気をつけていても、ヒューマンエラーの発生事例は少なからず見かけられます。
一方で、RPAは設定された動作を正確に実行するため、人間が手作業で行う以上必ず起きてしまうデータ入力ミスのような人為的エラーを防止できる点がメリットです。

CADをRPA化すれば一定の作業品質が保たれるため、チェック作業やミスの後処理などにかかる負担軽減効果も期待できます。

 2-3.人手不足の解決

RPAでCADを使った設計・データ入力業務を効率化すれば、人手不足の解消にも繋がるメリットがあります。
たとえば、Excelの寸法データからCADで図面や3Dモデルを作成する作業をRPA化すれば、ほとんどシステムの自動操作だけで利用できます。

通常なら複雑な操作が必要なCADでも、RPAを使えば簡略化できるため、専門的な知識がなくても使えるようになる点がメリットです。

また、RPAはITシステムのため24時間365日稼働可能です。業務時間外に単純な作業をRPAに任せれば、残業代の削減や負担軽減になる利点もあります。

 3.RPAツールでCADの操作を自動化する際の注意点

3.RPAツールでCADの操作を自動化する際の注意点

RPAツールでCADを自動化すれば、作業時間の短縮やエラー防止といったさまざまなメリットがあります。その一方で、いくつか注意すべきポイントがあるのも事実です。

ここでは、RPAツールでCADの操作を自動化する際の注意点について解説します。

 3-1.CADの利用規約でRPA化が禁止されている場合がある

一部のCAD製品では、利用規約でRPAツールによる操作の自動化が禁止されている事例があります。

RPA化が禁止されているCADを無理やり自動化してしまうと、サポートが受けられなくなったり、システムエラーが発生したりとトラブルに発展する可能性も。

「せっかくRPAを導入したけどCADを自動化できない」といった事態を避けるためにも、事前にCADの規約をしっかりと確認するのをおすすめします。

 3-2.RPAによる自動化が難しい作業もある

CADをRPA化しても、すべての操作が自動化できる訳ではない点に注意が必要です。

RPAはルールが明確になっている定型業務の自動化に適しているツールです。
そのため、状況に応じた判断が必要な作業や、ルールは明確なものの分岐が多い作業、手順が複雑すぎるCAD作業などには向いていません。

CADを使った作業のなかには、パターン化が難しかったり、複雑な操作が必要だったりする作業も多いため、業務内容によってはRPA化できない事例も。
事前に自社のCAD業務のルールは明確化できるか、できるのであればRPA化に向いているのか検討しておくのも大切なポイントです。

ココがポイント


CADの操作をRPA化するときは、導入前にお互いのツール相性をチェックするのが大切

 3-3.プログラミング知識が必要なツールもある

CADに対応したRPAツールのなかには、プログラミングの専門知識が要求されるシステムもあります。
そのようなRPAツールの場合、自動化の設定にプログラミングが必要になるため、エンジニアがいないと扱いが難しくなってしまう点に注意が必要です。

とはいえ、CAD対応のRPAには、プログラミング不要で自動化できるソフトウェアも存在します。
自社エンジニアがいない場合はシステム操作が簡略化されたRPAツールを利用するのも手段のひとつです。

 4.CAD操作や設計業務の効率化におすすめのRPA

4.CAD操作や設計業務の効率化におすすめのRPA

RPAを活用すればCADを使った業務を効率化できます。とはいえ、複雑な操作を行うCADを自動化するのは一般的なRPAツールでは難しい面があるのも事実です。

ここでは、CAD操作や設計業務の自動化におすすめのRPAツールをご紹介します。

 4-1.「Cadropper」

「Cadropper」は株式会社キャパが提供しているRPAツールです。一般的なRPAツールとしての機能はもちろん、CADの自動化を実現するためのさまざまな仕組みが取り入れられています。

ただし、国産RPAツールに多いフローチャート型ではなく、プログラミング言語でロボットを作成する仕組みで直感的な操作は難しめ。利用するハードルが一般的なRPAと比較して高い印象です。

とはいえ、「Ruby」「C#」「PHP」「java」などのメジャーなプログラミング言語複数に対応しているため、エンジニアがいる企業なら学習コストを抑えて利用できるのがメリットです。

 4-2.「3DエンジニアリングRPA」

「3DエンジニアリングRPA」はSOLIZE株式会社が提供しているCADのRPA化サービスです。
RPAツール単体以外に「CADテンプレート」「CAD拡張機能」などを併用してCADを自動化する特徴を持ちます。

一般的なRPAは一連の作業を画像認識機能で順番に操作していく仕組みに対して、「3DエンジニアリングRPA」は作業に必要なアプリそれぞれを自動化し、アプリ間で必要な作業をRPAで行うため、一般的なツールに比べて実行時間を短縮できるのがメリットです。

 4-3.オーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」

「RaBit」は株式会社RaBitが提供しているオーダーメイドRPA制作サービスです。

プロがヒアリングから設計、開発、導入までをワンストップで行うため、企業一つひとつに合わせたRPAが提供されます。
そのため、通常では難しいCADを自動化する初期設定も、顧客が要望を伝えるだけで自動化を実現できます。

また、RPAとしては業界最高レベルの低コストで利用できるのも特長です。
コストの面からCADのRPA化を見送っていた企業でも気軽に採用しやすくなっています。

 5.まとめ

5.まとめ

定型業務を効率化できるRPAは、CADを用いた設計業務においても役立つツールです。CADの操作をRPA化すれば、人材不足の解消や業務時間の短縮といったメリットがあり、設計業務を行う企業が抱える悩みの解消にも繋がります。

とはいえ、特殊な操作が多いCADツールのRPA化には注意点が多く、一般的なRPAツールでは対応しきれない事例も。
RPAのなかにはCADに対応したソフトウェアもありますが、専門知識が要求されるシステムがあるのも事実です。

もしCADのRPA化をご検討されている場合は、オーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」をご検討ください。
「RaBit」は企業一つひとつのご要望に合わせたRPAを作成段階から導入までプロが一気通貫で行うため、安心してCADのRPA化を実現できます。
初期費用66,000円、月額10,450円からご利用いただけますので、この機会に是非お声がけください。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!