column コラム

RPAのサンプルシナリオとは?一般的な使い方やメリットを解説

近年注目を集めているRPAツールは、さまざまなルーティン作業を自動化できるため、業務の効率化を期待できるシステムです。
しかし、RPAツールの運用には“シナリオ”が必須で、開発の手間がかかってしまいます。

そんなシナリオを一部のベンダーが設定例として作り上げたモノが「サンプルシナリオ」です。

この記事では、サンプルシナリオとはなにかについてご紹介します。サンプルシナリオが持つメリット・デメリットも解説しますのであわせてご参照ください。

 1.RPAのサンプルシナリオとは?

1.RPAのサンプルシナリオとは?

定型業務を自動化できるRPAは、「シナリオ」と呼ばれる手順にしたがって作業を実行します。
サンプルシナリオとは、あらかじめ手順が設定されたシナリオで、自動化の対象になりがちな操作が活用例としてあらかじめ用意されたサンプルです。

ここでは、RPAのサンプルシナリオについて入手方法や使い方をご紹介します。

こちらもCHECK

 1-1.サンプルシナリオの入手方法

サンプルシナリオの入手方法は、RPAツールを提供するベンダーの公式ホームページからダウンロードできるケースが一般的です。

RPAツールによっては第三者がサンプルシナリオを公開しているケースもありますが、悪意のあるプログラムなどの危険性が含まれる可能性もあるため注意が必要です。

また、自社で使用しているRPAツールのバージョンと、サンプルシナリオが想定しているバージョンがそれぞれ合致していない場合、エラーや不具合が起きる可能性があります。

ココがポイント


RPAのサンプルシナリオは公式からの入手がもっとも安全

 1-2.サンプルシナリオの使い方

サンプルシナリオを利用する場合は、自社のパソコンやサーバーにRPAツールをインストールし、シナリオ通りに働くロボットを作成できる環境が必要です。
その後、ダウンロードしたサンプルシナリオのデータを読み込み、自社業務の環境に合わせて適宜コードや設定を修正し動作させます。

具体的な設定方法はRPAツールによって異なるため、サンプルシナリオを利用する際はあらかじめ利用方法をマニュアルなどで確認しておくと安心です。
サンプルシナリオの内容によっては、それだけで一部の業務をRPA化できる場合があります。

 2.RPAのサンプルシナリオを使うメリット・デメリット

2.RPAのサンプルシナリオを使うメリット・デメリット

RPAのサンプルシナリオを使う代表的なメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • シナリオ作成にかかる時間を短縮できる
  • RPAツールの機能の使い方が学べる

デメリット

  • 一定以上の技術・知識が求められる
  • ツールによってはサンプルシナリオがない

ここでは、RPAのサンプルシナリオを使うメリット・デメリットについてそれぞれご紹介します。

 2-1.メリット①シナリオ作成にかかる時間を短縮できる

RPAツールのサンプルシナリオを使う代表的なメリットが、シナリオ作成にかかる時間を短縮できる点です。
サンプルを使わず自社でRPAのシナリオを作成する場合、「自動化する業務を洗い出して手順を構成」「自社で利用しているシステムやソフトウェアをRPAツールと連携」など、さまざまな作業に時間がかかってしまいます。

そこで、RPAのサンプルシナリオを流用すれば、はじめから順に制作する手間がかからないため大幅な作業時間短縮に繋がるメリットも。
環境に合わせてサンプルシナリオの設定や調整が必要なものの、手間や時間を減らしRPAのシナリオを作成できるメリットがあります。

 2-2.メリット②RPAツールの機能の使い方が学べる

サンプルシナリオを利用すれば、RPAについての学習に繋がるメリットもあります。
サンプルシナリオではさまざまな業務を自動化する方法が扱われているため、サンプルシナリオを参考にすれば、RPAの機能や動作について知見を深められます。

RPAの機能を理解できれば新しい発見やアイデアが得られ、自動化できる作業を増やせるケースも。
RPAのサンプルシナリオを活用すれば、自社業務のRPA化を推進しやすくなり、さらなる業務効率化が期待できます。

 2-3.デメリット①一定以上の技術・知識が求められる

RPAのサンプルシナリオを使うデメリットのひとつに、一定以上の技術や知識が求められるケースがあります。
RPAツールそのものの使い方についての理解はもちろん、利用するサンプルシナリオによっては、最低限の設定やコーディングが必要な事例も少なくありません。

そのため、ITスキルに自信がない場合は、RPAのサンプルシナリオを活用して業務を効率化するのは難しい側面も。
サンプルシナリオを活用するには、RPAツールの利用方法も含め、最低限のITスキルを学習しておく必要性があるといえます。

とはいえ、簡単な動作なら、RPAツールに読み込ませるだけで利用可能なサンプルシナリオもあります。
自動化したい機能が複雑でなければ、使えるサンプルシナリオがないか比較検討してみるのも大切です。

ココがポイント


RPAのサンプルシナリオは、すべてが知識不要で活用できるとは限らない

 2-4.デメリット②ツールによってはサンプルシナリオがない

利用するRPAツールによっては、ベンダーからサンプルシナリオが提供されていない場合もあります。
最初からシナリオを作成する自信がないなど、自社のITスキルに不安がある場合には、サンプルシナリオが公開されているRPAツールを選ぶのもポイントです。

なお、第三者によってRPAツールのサンプルシナリオが公開されているケースもあります。しかし、悪意のあるプログラムなど危険性が含まれている可能性もあるので注意が必要です。

 3.オーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」ならシナリオ作成が不要!

3.オーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」ならシナリオ作成が不要!

RPAのサンプルシナリオを利用すれば、業務の自動化に必要なシナリオ作成にかかる時間や手間を軽減できます。
しかし、サンプルシナリオを活用するには最低限のITスキルが必要なほか、利用するRPAツールによっては、サンプルシナリオ自体が用意されていない事例もあります。

RPAのサンプルシナリオをうまく活用できるかわからない」
「業務の自動化をお手軽に実現したい……」

そのようなときは、弊社のオーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」をご利用ください。
「RaBit」はヒアリングから設計・導入までプロがサポートするため、シナリオ作成などの手間をかけずに業務効率化を実現できます。

ここでは「RaBit」の特長についてご紹介します。

 3-1.設計や実装をワンストップで提供

「RaBit」は専門知識をもったプロがヒアリングから設計・開発・導入までワンストップで提供します。
RPAを導入したい業務や目的、希望などをお伝えいただくだけで、シナリオ開発などに手間をかける必要なく、企業それぞれに合わせたオーダーメイドのRPAロボットを提供いたします。

また、充実したサポート体制も「RaBit」のメリットです。
導入までのサポートはもちろん、運用開始後のトラブルやご相談もフリーダイヤルで迅速に対応します。
「自社のITスキルに自信がない」「学習コストをかけたくない」といった場合でも、安心して業務をRPA化いただけます。

 3-2.シナリオ作成の手間がない上、導入・運用コストも安い

「RaBit」はコストパフォーマンスが高いのも特長のひとつです。
RPA業界のなかでもランニングコストを低く設定しており、月額10,450円、初期費用66,000円からヒアリング・設定・導入までサポートいたします。

また、RPAのサンプルシナリオだけでなく、本格的なシナリオ作成も代行しておりますので、新たにIT人材を雇ったり、社員に学習コストをかけたりする必要もありません。
これまでコストの面からRPAの導入が難しかった方でも、「RaBit」にお任せいただければ業務を低コストで効率化できます。

 3-3.サンプルの代わりに無料オンラインデモで確認できる

RPAのサンプルとして、無料オンラインデモをご利用いただけるのも「RaBit」のメリットです。
シナリオを作成する必要のない「RaBit」ではサンプルシナリオは公開していませんが、オンラインデモを使ってツールの使用感や実現できることを無料でご体験いただけます。

「RaBit」のシステムが適しているのか事前に確認できるうえ、動作に納得してから利用を開始できるのも特徴のひとつ。

RPAの導入前後で「おもったよりも違った」といったトラブルを避けたい方は必見です。
無料のオンラインデモをご希望の際は、公式ホームページの専用フォームからお問い合わせください。3営業日以内に弊社担当者からご返答させていただきます。

 4.まとめ

4.まとめ

RPAのサンプルシナリオとは、ツールを使って業務を自動化するのに必要な「シナリオ」の活用例です。
サンプルシナリオを利用すれば、業務の自動化に必要な手間を減らせるほか、システム運用の学習に繋がるメリットがあります。

とはいえ、一部のサンプルシナリオを使うには技術や知識が要求される事例もあり、ある程度のITスキルが必要なのも事実です。
また、利用するRPAによってはそもそもサンプルシナリオが提供されていなかったり、内容が自社業務に合っていなかったりする可能性も。

もし、シナリオ作成の手間をかけずにRPAを導入したい場合は「RaBit」をご検討ください。
専門知識をもったプロのエンジニアが、企業一つひとつに合わせてカスタマイズしたRPAツールをご提供します。

導入・運用に掛かる費用は初期費用66,000円、月額10,450円からご利用いただけます。この機会にぜひご検討ください。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!