column コラム

RPAのスクール選びのポイントや種類、学べる内容を解説

近年、注目を集めているRPAツールにはさまざまな種類があり、細かなシステムや特徴の違いが存在します。
そのため、ツールごとの正しい使い方を学習できるRPAスクールも人気を集めています。

また、RPAスクールでは「どのように業務を効率化すべきか」のノウハウを学べるのもポイントです。

この記事では、RPAスクールとはなにか、その種類や特徴についてご紹介します。
RPAスクールで学べる内容や利用すべきシーンについても解説しますので、あわせてご参照ください。

こちらもCHECK

 1.RPAスクールとは?

1.RPAスクールとは?

RPAスクールには多くの種類があり、運営企業や特徴などが異なります。スクールによって対応しているRPAツールも異なるため、スクールについて下調べするのが大切です。

ここでは、RPAスクールの種類や特徴、選び方をご紹介します。

 1-1.RPAスクールの種類と特徴

RPAスクールにはさまざまな種類があり、講座によって内容や特徴が違います。
RPAスクールは主に以下のような種類があります。

  • RPAツールのベンダー公認主催
  • ITスクールのRPAコース
  • コンサルティング会社が主催する講座

RPAベンダーやベンダー公認の講座は、すでにRPAを導入している状況に即した内容になっており、実践的なスキルを学べます。
また、ベンダー提供のRPAに特化しているため、特定のツールについて習熟したいのであれば最適なスクールです。

ITスクールのRPAコースは、複数のRPAに対応していたり、個人から受けられたりと小規模でRPA化を目指すシーンでの学習に向いています。

コンサルティング会社が主催するスクールでは、コンサルタントも含めたRPAを使う業務効率化の総合的なサポートがサービスに含まれているプランが大半です。
導入前後のトラブルを防止したい場合に適しているRPAスクールです。

 1-2.選び方のポイント

RPAスクールを選ぶポイントとして、自社の目的や社員のスキルにあったスクールを選択するのが大切です。
スクールにより対応しているRPAツールやサポートの手厚さなどが異なるため、スクール選びが適切でないと十分に学習効果が得られない可能性があります。

ミスマッチなRPAスクールで学習しても、肝心のシステムを操作する知識が得られないため効果が薄まってしまうのも事実です。

RPAスクールによって対応している「RPAツール」「講座内容」「対面・オンラインなどの受講方法」「サポートの内容」などが異なります。
自社にとって適切なスクールを選択するためにも、RPAスクールの下調べや比較検討が大切です。

ココがポイント


自社員にあったRPAスクールでなければ、十分な学習効果を発揮できない

 2.RPAスクールで学べる内容

2.RPAスクールで学べる内容

RPAスクールでは、基礎的なITスキルからRPAツールの操作方法、トラブル対処方法など、RPAを利用するのに必要な知識を学習できます。

ここでは、RPAスクールで学べる内容についてご紹介します。

 2-1.RPAの導入に必要な知識

RPAの導入には、業務フローの洗い出しや業務に適したツールの選定、基礎的なITスキルなどさまざまな知識が必要です。
やみくもにRPAを導入しても効果的とはいえず、ミスマッチな業務までRPA化してしまった結果、思ったより業務効率化の効果を得られなかった事例も。

導入に必要な知識が不足していると、費用対効果を得られないだけでなく、最悪の場合業務がストップするなどのトラブルに発展してしまう可能性もあります。

「業務同士の連携が取れない」「選択したRPAツールが業務に対応していない」「自動化のトラブルに対応できない」といった問題に対処する方法も、RPAスクールを通して学べます。
RPAの導入に関するトラブルを未然に防ぎたい場合は、RPAスクールの利用がベストな選択肢のひとつです。

 2-2.RPAツールの操作方法

RPAスクールを利用すれば、RPAツールの具体的な利用方法についても学習できます。
RPAソフトのなかには簡単な操作で直感的に業務を自動化できるツールもありますが、肝心の操作感や設定方法はソフトによって異なるのも事実です。

RPAスクールでシステムの扱い方を学習すれば、スムーズな業務効率化に繋がったり、効率化できる業務の幅が広がったりと多くのメリットを期待できます。
RPAスクールごとに教えているソフトも異なるため、受講前に学習したいRPAに対応しているかのチェックが大切です。

 2-3.より高度な使い方やトラブルへの対処法

RPAスクールの上級者コースや発展コースなどを利用すれば、より高度な利用方法やトラブルの対処方法も学べます。

単純な反復作業なら、RPAを使った自動化は簡単に実装できます。
しかし、複雑な業務や複数の業務を連携して自動化する場合は、より高度なITスキルが必要です。「条件分岐」や「例外処理」など高度な処理が求められるケースもあります。

また、RPAの運用で発生するトラブルの原因は、RPAの種類や運用している環境によって大きくかわります。
そのため、対処方法にもRPAの専門的な知識が必要です。

RPAスクールなら、システムの運用で発生した参考事例などを通して、トラブルの対処法も学べます。

ココがポイント


使い方だけでなく、RPA関連のトラブル対処法についてもスクールで学べる

 3.RPAスクールを活用するべき企業は?

3.RPAスクールを活用するべき企業は?

RPAスクールはツールに関するさまざまな知識を学べるため、これから業務のRPA化に踏み切ろうと考えている企業にとって心強い味方になります。

ここでは、RPAスクールを活用すべき企業とはなにか、それぞれのシーン別にご紹介します。

 3-1.自動化によって業務効率を高めたい企業

RPAツールを導入すれば、定型作業の自動化はもちろん、ヒューマンエラーの減少やコストを削減する効果が期待できます。
RPAツールの多くは、個人レベルの定型業務なら担当者自身が簡単に自動化することが可能です。

そこで、RPAスクールを利用してツールを操作できる従業員を増やせば、社内へスムーズにRPAを浸透させられます。
自動化したい業務が多かったり、担当者単位で定型業務を自動化したかったりする場合は、RPAスクールを利用すると高い効果を得られるといえます。

 3-2.RPAを導入したものの使いこなせていない企業

RPAのよくある失敗事例として挙げられるのが「RPAを導入したが効率化できていない」トラブルです。
思ったよりも作業効率があがらなかったり、費用対効果が低かったりする場合もあり、導入コストだけかけて使いこなせていない企業も少なくありません。

RPAの導入に失敗する原因はさまざまで、「RPAの使い方がわからない」「業務フローの変更に対応できない」「システムのアップデートで動かなくなった」など多くの理由が考えられます。

そこでRPAスクールを活用すれば、自社のRPA運用で抱える問題を見直すチャンスにも繋がります。
RPAスクールによっては活用の改善を提案するコンサルタントも含まれており、望んだ費用対効果をあげられていないRPAも改善する効果が期待可能です。

ココがポイント


RPAで自動化の効果を発揮するには、正しい運用方法と効果検証が大切

 3-3.他社へのRPA導入などに取り組みたい企業

近年ではRPAツールの導入に補助金が出る背景からDX化を目指した企業も増加傾向にあり、あわせてRPAの導入コンサルティングなどの事業も注目を集めています。

そんなRPAの導入サポートを事業のひとつに捉えようと考えている人にとっても、RPAのスクールは役立ちます。
RPAスクールは一つひとつを丁寧に学べるほか、「RPAを使うための教え方」も学べるため、導入サポートのノウハウに役立つのは間違いありません。

RPAのスクールを活用すれば、業務フローの整理方法や実際の運用方法、トラブル対処など、実際にどのような指導を行うべきかまで学べます。

 4.まとめ

4.まとめ

RPAスクールは、ベンダーやコンサルティング会社などさまざまな企業から提供されています。
各ツールに精通した知識や一般的な使い方など、業務の効率化に役立つ知識を学べるのが特長です。

とはいえ、スクールで学べば即座に業務を効率化できるわけでもありません。
実際には、正しく運用するためのスキルやノウハウが求められます。

そのため、RPAスクールに費やすコストを、外部への開発・運用委託費に充てるのも選択肢のひとつです。

「RaBit」では、お客様一人ひとりに向けてカスタマイズしたオーダーメイド製のRPAツールをご提供しております。
初期費用66,000円から要件定義や細やかなヒアリングから求めているRPAのシステムを開発するほか、運用中のお客様へ向けた手厚いサポートも特長です。

150名を超えるサポートスタッフにより、トラブル発生時はいつでもスピーディに対応いたします。
月々の利用料金は10,450円と低コストからご利用いただけるため、RPAスクールの費用をそのままRPAの運用資金に充てられます。
この機会にRPAツールの導入をお考えの方は、ぜひ一度「RaBit」のご利用をご検討ください。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!