column コラム

RPA導入は難しい?失敗しやすいケースや導入のポイントを解説

RPAツールは業務を効率化できるシステムとして注目を集めており、近年では導入を検討している企業も多くなっています。
とはいえ、一部では「RPAの導入は難しい」と捉えられているのも事実です。

この記事では、RPAの導入が難しいと感じられる理由について、導入が失敗しやすいケースも含めてご紹介します。スムーズなRPA導入をするポイントについても解説していますので、合わせてご参照ください。

こちらもCHECK

 1.RPA導入が難しいと感じられる理由

1.RPA導入が難しいと感じられる理由

RPAツールは多くの業務を効率化できるツールのため、近年では導入が進みつつあります。
しかし、さまざまな側面から「実際にRPAを導入するのは難しい」と印象を抱かれやすいのも事実です。

ここでは、RPA導入が難しいと感じられる理由についてご紹介します。

 1-1.プログラミングなどの技術が必要と勘違いされている

RPAの導入が難しいと感じられる理由のひとつに、プログラミングなどの高度なITスキルが要求されると勘違いするケースがあります。
「自動化」や「ロボット」といった単語から、RPAの運用には高度な専門知識が必要だとイメージを持ってしまう場合も少なくありません。

しかし、近年では専門的な知識を必要とせずに作業を自動化できるシステムも増えており、RPAツールの利用難易度は下がっています。
コーディングなどの難しい操作が不要なため、非エンジニアでも使いこなしやすいのがRPAの持つ大きなメリットです。

一方で、高度な機能が実装されたRPAのなかには、専門的な知識が必要となるソフトもあります。
社員のITスキルや実現したい自動化に合わせた製品を選ぶのが大切です。

ココがポイント


ツールによって、RPAはまったく難しい手順を踏まずに業務を自動化できる

 1-2.自社の業務をRPAで自動化できるかわからない

自社の業務のうち、どの部分を自動化できるのかイメージが湧きにくいのも、RPAの導入が難しく感じられてしまう原因のひとつ。

RPAはパソコンで行う定型作業を自動化・効率化できるツールです。
単純な繰り返しやルールが明確になっている作業であれば、ほとんどの業務に対応できます。

そのため、毎日の日報作成などの簡単な作業から、複数のソフトをまたいで行う複雑な作業まで、幅広い範囲で対応できるのがRPAの特徴です。

とはいえ「ほとんどの定型業務に対応できるから」と無計画に導入を進めてしまっては、RPAの効果を十分に発揮するのが難しいのも事実。
RPAの効果を最大限に発揮させるためにも事前に自社の業務を洗い出し、業務の計画的なRPA化をおすすめします。

こちらもCHECK

 1-3.RPAツールの種類が多い

RPAツールにはさまざまな種類があるのも、導入が難しく感じられてしまう原因です。

RPAツールは「デスクトップ型」「サーバー型」「クラウド型」といった種類があり、それぞれ自動化できる業務が変わるほか、ソフトはそれぞれ機能や使いやすさが異なります。
それらを適切に見極めて導入・運用しなければ、正しい効果を発揮しにくくなってしまいます。

また、RPAは機能面以外に、ベンダーごとのサポート力の違いがある点にも注意が必要です。
RPAツールにはリアルタイムチャットのサポートに対応したベンダーや、コンサルティングも含めた導入サポートを行うベンダーもあります。

導入前後の難しいトラブルを避けるためにも、自社に合わせたRPAツール・ベンダーを選択するのが重要です。

ココがポイント


なかには、RPAツールの難しい導入・運用・メンテナンス手順をワンストップで依頼できるベンダーも存在する

 2.RPAの導入が難しい事例

2.RPAの導入が難しい事例

RPAはパソコン上で行う幅広い業務を自動化できるツールです。しかし、業務のなかにはRPAでは対応が難しい作業があるのも間違いありません。

ここでは、RPAの導入が難しい事例をご紹介します。

 2-1.パソコン上だけで完結しない業務

人間の手による物理的な操作が必要な業務は、RPAでは対応が難しいケースのひとつです。
RPAはパソコン上で行う定型業務であれば多くの作業に対応できるツールですが、パソコン以外のハードウェア操作が必要な作業はRPAだけでは完結できません。

たとえば「外部のOCRツールで書類の文字を読み取りペーパーレス化させる」「書類をコピー機でコピーする」といった外部作業はRPAだけでは完結できないのも事実です。

とはいえ、人間の手作業が必要な業務でも、RPA導入の効果をまったく得られないわけではありません。
「人間が手作業で読み取った書類をRPAが自動で表計算ソフトに入力」といったように部分的にRPA化を行えば、業務を効率化できます。

また、RPAツールによってはOCRツールと連携しているため、すでに電子化されたデータなら文字を読み取り自動でデータを入力する作業の自動化に成功した事例も存在します。

ココがポイント


パソコンの定型業務はRPAで効率化できるが、それ以外の部分が業務のボトルネックになってしまう可能性もある

 2-2.人による判断が必要な業務

人の判断が必要な業務もRPA化が難しい業務です。
状況に応じた判断が必要な作業や、条件分岐が複雑すぎる作業の自動化には適していません。

複雑な条件分岐を行う業務を自動化した場合、条件一つひとつの処理をそれぞれ作成する手間がかかります。
加えて、メンテナンスなど保守管理にかかる負担やコストが大きくなり、場合によってはトラブルに繋がったり、費用対効果が得られなかったりする可能性があります。

RPAを導入するのであれば、事前に複雑な業務を見直してシンプルな流れにしておくのがベストです。

 2-3.コストパフォーマンスが見込めない場合

RPAを導入したくても、さまざまな要因から導入のコストパフォーマンスを見込むのが難しいケースもあります。

たとえば、自動化に適した業務がそもそも少なかったり、自動化したい業務で利用するソフトウェアが頻繁に変更されたりする場合には、RPAの導入は難しいかもしれません。

特にルールや使用するソフトが頻繁に変更される業務の場合、その都度RPAのメンテナンスが必要です。
メンテナンスの手間が増えると、保守の手間やコストがかさんでしまい、思ったような費用対効果を生み出せない事例も度々見かけられます。

こちらもCHECK

 3.RPAをスムーズに導入するためのポイント

3.RPAをスムーズに導入するためのポイント

RPAを導入すればさまざまな業務の効率化を図れます。
とはいえ、担当者を決めたり、業務を明確化したりといくつかのポイントを押さえておかなければRPAの導入が難しいのも事実です。

こでは、RPAをスムーズに導入するためのコツについてご紹介します。

 3-1.RPA導入の担当者を決める

社内でRPA運用をリードする担当者を決定しておけば、RPAの導入をスムーズに進められます。

運用をリードする人材には「業務選定」「シナリオ設計・開発」「保守」など、RPAに関する総合的な理解力が必要です。
特に全社規模でRPA導入をスムーズに進めるには、全体の業務フローを把握し、導入効果の高い業務を選定する能力が欠かせません。

とはいえ、社内でRPA用の人材を用意するのが難しい場合もあります。
そのときは、導入・運用のサポートを提供しているRPAベンダーを利用したり、RPA導入を外部委託したりするのも選択肢のひとつです。

 3-2.現状の業務フローを明らかにする

RPAの導入をスムーズに行うのに重要なポイントが、業務フローの明確化です。業務フローを把握しなければ、どの業務をどのようにRPA化するのか見通しが立たず、導入が難しくなってしまう可能性もあります。

無理にRPAの導入を進めてしまうと、最悪のケースでは業務停止といったトラブルに繋がってしまう事例も。

そのため、業務担当者からのヒアリングやマニュアルのチェックを行い、業務フローの全体像を把握する必要があります。
業務フローが明確になったら、どの業務をRPA化するのか、RPA化すればどのようなメリットが得られるのかを検討し、導入を進めるのをおすすめします。

 3-3.自社に合うRPAツールを選定する

自社にあったRPAツールを選定するのも、スムーズな導入に欠かせません。自動化したい業務をもとに、必要な機能が備わっているRPAを選択します。

必要な機能が備わっているRPAツールでも、それぞれシステムごとに使い勝手や特徴が異なります。
事前に導入事例などをチェックし、どのように利用されているか、自社の業務に適したツールかどうかをしっかりと把握するのが大切です。


また、自社のITスキルに自信がない場合は、サポート体制が手厚いRPAベンダーを利用すると大きなメリットを得られます。

こちらもCHECK

 4.「RaBit」なら難しい部分もお任せでRPAを導入できる

4.「RaBit」なら難しい部分もお任せでRPAを導入できる

RPAツールは、正しく活用できれば業務の効率化を実現できるシステムです。しかし、知識がままならないまま無理にRPAを導入するのは難しい面があるのも事実です。

正しくRPAツールを導入・運用するには、専門知識やノウハウが必要といえます。
そのため、「やっぱりRPAの導入は難しいのでは」と頭を悩ませてしまう方も少なくありません。

そこで、弊社ではオーダーメイドRPA制作サービス「RaBit」をご提供しております。
RPAツール「RaBit」なら、ヒアリングから設計・導入、運用後のサポートまで一貫して行います。

ここでは「RaBit」の特長について解説します

 4-1.ヒアリングから設計、導入までワンストップで提供

「RaBit」はヒアリングから設計・開発までをワンストップで提供します。
通常のRPA導入ではお客様自身で行わなければならない「RPAツールの選択・導入・シナリオ開発」といった難しい作業は必要ありません。

「RaBit」にお任せいただければ、希望をお伝えいただくだけで、簡単・スピーディにRPAの利用を始められます。
また、企業一つひとつに合わせてオーダーメイドでRPAツールを作成するのも「RaBit」の特長です。

専門知識をもったエンジニアがヒアリングを行い、業務に合わせたRPAの設計・開発・導入まで一貫して行うため、工務店から士業まで幅広い業界でご利用いただけます。

 4-2.充実したサポート体制

充実したサポート体制も「RaBit」のメリットです。
RPAの深い知見を持ったプロが導入前のヒアリングを行い、専門知識がなければ難しい自動化作業の実現をお手伝いします。

また、「RaBit」をご利用いただければ導入後の運用についてのご相談もフリーダイヤルで迅速に対応します。
社員にエンジニアがいないなど、自社のITスキルに自信がない場合でも安心してRPAを業務に取り入れられます。

 4-3.抜群のコストパフォーマンス

「RaBit」はRPAのなかでも安価に設定されており、コストパフォーマンスが高いのも特長のひとつです。
初期費用66,000円でヒアリングから導入までの手厚いサポートをするほか、月々10,450円からご利用いただけます。

そのため、コストの面からRPAの導入が難しかった中小企業でも、気軽にご利用を始められます。
業務担当者に発生していた時間やコストを削減でき、業務の効率化を図れます。

 5.まとめ

5.まとめ

「高度なITスキルが必要」といった勘違いなどから、RPAの導入は難しいと思われてしまいがちです。
一部の業務がRPA化に向いていないのも事実ですが、ユーザーフレンドリーな製品が増えている背景などから、RPAの導入ハードルは下がっています。

とはいえ、RPAの導入で効果を正しく発揮させるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があり、専門的な知識が要求される場面も少なくありません。
特に、人材が不足している場合には「自社だけで導入するのが難しい」と頭を悩ませる事例も。

そんなときはオーダーメイドRPA「RaBit」にお任せください。初期費用66,000円、月額10,450円から手厚いサポート体制でご利用いただけます。

難しい設定なども必要なく、簡単にご利用いただけるため、この機会にぜひご利用をご検討ください。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!